工場施工

工場施工

ブラスト加工

ブラストは鉄錆、腐食を防ぎ、10-30年間効果の持続する技術です。
粉塵公害のない工場内ブラスト室・長尺鋼構造物ブラストの加工が可能です。

当社では、スチールグリッドにて各鋼構造物の製品ブラスト処理が可能で、豊栄第一工場では、各鋼材・配管等の他大型(5t未満)製品の鋼構造物のブラスト処理新発田工場では、鋼構造物のブラスト処理のほか、焼付塗装の下地処理としてアルミナ等の研削材を使用し加工を行っております。

※また、豊栄第一工場では費用はかかりますが、ラフタークレーン25tを使用すれば10tの鋼構造物までブラスト処理することが可能です。

 

重防食塗装

良好な環境の工場内で、安全、高品質を確保し、ブラスト処理後の防錆、防食塗装を多様な仕様に合わせ品質管理を確実に行い作業しております。

また、3つの工場にて充実した塗装スペースを確保し重防食塗装を始め各種塗装を行っております。

 

溶射加工

【省資源時代に溶射】

亜鉛、アルミニュウム・「亜鉛・アルミニュウム合金」・「亜鉛、アルミニュウム擬合金」などの金属で母材に膜を作り大気中の腐食要因を遮断することにより、鋼材などの母材を長持ちさせる方法です。(防錆・防食溶射)材料の金属は耐熱性・塩害性・防食性などの用途によって選ぶと母材の耐久性が良くなります。
他に耐摩耗性を重視した肉盛溶射という方法もあります。
当社では、溶射加工(アーク溶射機)を使用し施工しています。

 

焼付塗装

当社新発田工場内の焼付炉において溶剤焼付・静電粉体焼付塗装を行っております。

また、粉体塗装は有機溶剤を使用せず大気汚染の原因はありません。
また産業廃棄物も激減し環境保護に役立つことにより生産企業とその商品のイメージアップに大きく貢献できます。

当社焼付炉の大きさはH3m×W3m×L7mなので、最大長さ6mの長さまで炉に入れることが
可能です。お気軽に御見積り御相談ください。

 

FRPライニング

環境のよい工場内で、配管および大型タンクの内面外面のブラスト処理後の各種樹脂ライニングや
FRPライニングの作業が可能です。
また現場施工においても、腐食のないFRPライニングによる防錆、防食の補修等も行っております。
とくに火気の使用が制限される場所や、腐食を防ぎたい場所においてのFRPライニングの施工法が有効的です。